織田裕二ドラマ「IQ246」の主題歌と発売日は?

iq246

織田裕二さん主演ドラマの「IQ246」。織田裕二さんの話し方で話題になってるドラマですが、第1話を見て主題歌がない?!と思いませんでしたか?

主題歌があるなら発売日が気になる人もいるはず!そこで今回は、「IQ246」の主題歌と発売日について調べてみました!

 

関連記事:織田裕二TBSドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」1話あらすじと感想・ネタバレ

スポンサーリンク

 

織田裕二ドラマ「IQ246」の主題歌は・・・?

主題歌は、担当する歌手やレコード会社にとっては、歌を多くの視聴者に聞いてもらうチャンスの場でもあり、ドラマの制作側からするとドラマを彩る為にも当たり前に存在するものではないでしょうか。

 

ですが、織田裕二さん主演ドラマ「IQ246」の1話を見終わったとき、あれ??とある事に気づいた人も多いと思います。””あるはずの主題歌がない””と!!

ドラマの始めにテーマ曲らしきものが流れましたが、エンディングですら曲が流れませんでした。

 

ちなみに流れた曲はこれですね。

 

実は、ドラマが始まる前から主題歌が発表されていなかったので、過去「踊る大捜査線」で主題歌を担当した織田裕二が歌うのか?!それとも、「IQ246」で執事役として出演し、音楽活動もしているディーン・フジオカが歌うのか?!と様々な憶測が飛んできました。

 

ですが、1話終了後の現在もドラマの公式ホームページには主題歌情報が載っていません。もしや、このまま主題歌がないままドラマが進んでいくのでしょうか?それとも、主題歌自体を使わない事にしたのでしょうか?

 

sponsored link

過去にあった主題歌がないドラマ

ドラマの主題歌はあって当然なイメージですが、実は主題歌がないドラマは過去にもあります。

例えば、2013年に放映され大ヒットした堺雅人主演ドラマの「半沢直樹」。このドラマは内容も勿論ですが、テーマ曲のみ扱い主題歌がなかった事でも話題になっています。

 

主題歌を使わなかったのには理由があり、番組制作者側がレコード会社と契約するなどの制作側の都合よりも、ドラマを楽しんでみる視聴者側の事を考えて、あえて主題歌を使わなかったようです。

そうすることで、重圧感が生まれ、視聴者がドラマに集中しやすい為、ドラマの内容に引き込まれやすくなる効果もあるそうです。ちなみに最近の海外ドラマでも主題歌を使わない傾向の方が多くみられるようですね。

 

「IQ246」は登場人物のキャラが濃くコメディータッチで話は進んでいきますが、内容は難事件を解くミステリードラマなので、物語の邪魔をしないように主題歌を使わない事にしたのかもしれませんね。

 

 

テーマ曲を担当した井筒昭雄とは?

では、ドラマで流れてきた曲は誰が担当したのでしょうか?

ドラマ公式ホームページのスタッフ欄を調べてみたところ、音楽担当の名前に「井筒昭雄」という名前があったので、彼について少し調べてみました。

 

井筒昭雄さんは、1977年生まれ・徳島県出身。1999年に全ての楽器を自ら演奏する多重録音ソロユニット「Feb Cusion」として音楽活動を開始。

その後、数多くのCM、ドラマ、映画の音楽を担当し幅広く活躍しているようです。

 

個人的にですが、「IQ246」の第1話で流れた冒頭の曲は謎解きの雰囲気が出ていて、とてもドラマにマッチしているな~と思ってるのですが、皆さんはどう思われましたか?今後も劇中で彼の作品が流れるかもしれないので楽しみですね。

 

主題歌がないので、発売日もない??

通常だと主題歌があるので、今度はその発売日も気になる所ですが、恐らく「IQ246」では主題歌がない方向で進められていると思うので、主題歌の発売日というものは存在しませんよね。

 

主題歌がなくてもテーマ曲があるので、「IQ246」のオリジナルサウンドトラックCDは発売されると思います。大体CDが発売されるのは、ドラマ後半~終盤にかけてなので、「IQ246」のサウンドトラックCDは恐らく11月後半~12月半ばに発売される事が予想されます。

 

まとめ

今回は織田裕二さん主演ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の主題歌について調べてみましたが、どうやらこのドラマでは主題歌を使わなさそうな気配がしてきました。

 

勿論まだ正式な発表がないだけで、これからあるのかもしれないので、主題歌についての新しい情報が入ったら、また更新したいと思います。

 

織田裕二新ドラマがひどい!?「話し方が杉下右京のパクり!」との噂を検証!

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る