【4話】青のりのポテトビーンズレシピ公開!天海祐希ドラマ『Chef~三ツ星の給食』視聴率速報とネタバレ感想と見逃し配信動画(無料)

シェフ

天海祐希主演ドラマ『Chef~三ツ星の給食~』の第4話は11月3日(木)夜10時放送です。

ここでは『Chef~三ツ星の給食~』第4話の視聴率速報と、ネタ バレ感想や視聴者の評判や評価、あらすじや予告動画、見逃し配信を見る方法などをご紹介していきます。光子の奮闘を描いたネタバレあらすじを書いていきます!

シェフの見逃し配信を無料で見るには、

フジ公式のFODで!
まずは無料でお試し!

「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

ついに子供たちからの「最高においしい!」を勝ち取った光子!1話で撃沈、2話で「おいしい!」、3話で「最高においしい!」とかなりトントン拍子で話が進んでいますね!すると、今度はフレンチ業界に戻り損ねた光子がなんと自分の店を出すと”三ツ星屋台”を開店!

 

なんとも思わぬ方向に話が進んでいっていますね~。予想できない光子の行動、面白いです!また挫折からのやり直しですが、今度はどんな方法を使ってこの三ツ星屋台を成功させていくのでしょうか!?

 

(速報)10/27放送のシェフ第3話についての視聴率・ネタバレ感想はこちらから!

スポンサーリンク

ドラマ『Chef~三ツ星の給食~』第4話のあらすじ

chef4  三ツ星を取り戻すために自分の店を作る、と宣言した光子(天海祐希)は、大工さながらに角材を切り落とし、クギを打ち付けていく。翌朝、光子は、晴子(川口春奈)、小松(荒川良々)らに、自分の店ができた、と誇らしげに言う。

呼び出された早紀(友近)らテレビクルーや、荒木(遠藤憲一)ら給食チームも見守るなか、光子が披露したのは、「シェ ミツコ」という店名と三ツ星が手書きされた看板の付いた屋台だった。三ツ星の料理が屋台で食べられるのだ、と自信満々の光子。昼は給食を作り、夜は屋台でフレンチを出すと言う。

一方、荒木は献立作りに頭を悩ませていた。食品構成上、豆料理をメニューに組み込まなければならないが、豆を使った料理は子供に不人気で残食率が高くなるからだ。晴子は、光子ならどんな豆料理を作るだろうか、とつぶやいた。

chef4-2

光子は、屋台でも最高の料理を出すべく準備を進め、ついに店をオープンさせた。ところが、宣伝不足や1万5000円のお任せコースのみという設定もあり、いくら待っても客が来ない。初日は、酔っ払いのサラリーマン・迫田(飯尾和樹)だけだった。さらに数日経っても、店はガラガラの状態が続く。その様子をみて早紀(友近)はあることを思いつく。一方、篠田(小泉孝太郎)は、シェフ・奥寺(豊原功補)のもと再開した「ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ」の経営が順調であることに満足しながらも光子の屋台の様子が気になっていた…。

chef4-3

数日後の朝、光子は荒木が決めた「五目豆とじゃがいもの煮込み」を、最高に美味しくする方法を見つけた、と目を輝かせる。

http://www.fujitv.co.jp/Chef/story/index.htmlより引用

ドラマ『Chef~三ツ星の給食~』第4話の予告動画

ドラマ『Chef~三ツ星の給食~』第4話のネタバレ感想

香りが最高!「青のりのポテトビーンズ」の作り方!

子供の嫌いな豆料理。五目豆とじゃがいもの煮込みの予定だったのを、光子のひらめきで青のりのポテトビーンズに変更します!これが、子供たちに大ヒット!食欲をそそる香りと、カリカリの食感が「まるでポテチみたい!」とまで言わしめます。食べてみたい~!うちの子、豆好きだから煮込みでも食べると思うけど、これはかなり興味ある!子供って海苔大好きだから、青のり風味は確かにいけそうです!作り方気になる~!と思っていたら、レシピ動画がアップされていたので、ご紹介します!すっごく簡単そう!さっそく明日作ってみようかな~。

 

星野光子(天海祐希)の“三ツ星屋台”開店!

ついに“三ツ星屋台”をオープンさせた光子(天海祐希)。屋台の店を木材から全て自分で作っちゃうなんてすごすぎです!仕込みは家のキッチンで終えてから持っていくスタイルのようですが、本格フルコースをおまかせメニューのみで1万五千円で提供します。初日は酔っ払いが一人だけ入ってきて、「最高にうまい!」と絶賛するもののお会計の際にゼロを一つ間違えびっくり!お値段3万円以上!とても払えないその酔っ払いは、食い逃げをしてしまうのです。

 

 

高すぎる値段設定に全く客が入らないまま開店から3日が過ぎますが、テレビの取材がいい宣伝効果となり、ラ・レーヌで光子の料理を食べたかったがなかなか予約が取れなかったという客が集まり始めます。そして、その客たちによるとこの本格フルコースフレンチが1万五千円というのは「安い!」とのこと。

 

 

今度は“屋台のルール”!

あっとゆうまに連日行列ができるほど好調となった光子の屋台。しかし、そんな光子の前に立ちはだかったのは、今度は“屋台のルール”です。

 

 

光子は、場所の許可を取っていなかったということで、おまわりさんに連れて行かれます。そこで聞かされた屋台のルールとは、屋台で出せるのは原則一品ということ。コースなんてそもそも出してはいけないのです。こうして、あえなく屋台を閉めざるを得なくなってしまった光子ですが、翌日給食作りに現れた光子は全然落ち込んでいません!今日の給食をどうやったらおいしくできるかと新しい案をひらめき、ご機嫌で作業に取り掛かります。本当に料理が好きなんですね~。

 

 

そんな光子に優しい眼差しを送るのは荒木(遠藤憲一)。光子の料理に対する姿勢に、同じ料理人として共感とリスペクトを感じ始めているのがとっても伝わってきますね~。素直になれないけど、密かに誰よりも応援しているのよね!!

 

 

そして、荒木は光子に屋台を再開するためのアドバイスをします。実は、荒木も昔屋台を出していたことがあったのです!荒木は唐揚げ一品で勝負していました。この唐揚げが絶品!見ているだけで食欲そそられる~!この時間にいろいろ美味しいもの出てきてヤバイ・・・。

 

 

荒木は、「五感で勝負しろ!匂いで客を誘い、食欲をそそる音と見た目、そして食感で勝負しろ」と光子にアドバイスします。

 

 

ラ・レーヌ篠田(小泉孝太郎)が食材買い占めで光子をつぶしにかかる!

こうして、光子は勝負メニューを考え、鴨を使うことに決定。しかし、食材の仕入れに向かうと、全ての鴨をラ・レーヌに買い占められ、業者たちは篠田に「光子にだけは食材を売らないように」と言われていたのです。

 

 

もう、どこまでも邪魔してくる篠田、うざい~~~!ここまで光子を意識している時点で負けを認めているようなものじゃんっ!そして、味方のような顔をして近くにいるテレビプロデューサーの矢口(友近)が、光子をフレンチレストランに復帰させる話を邪魔するのに手を貸していたという事実が発覚し、こちらにも警戒が必要そうです。

 

 

荒木(遠藤憲一)と料理評論家の柿谷(ルー大柴)の因縁の関係

実は荒木と料理評論家の柿谷(ルー大柴)に、過去の接点があったことが発覚しました。荒木の居酒屋が評判になり、雑誌の取材を受けることになったときに柿谷が食べに来たことがあったのです。しかし、荒木は柿谷を有名人だからといって特別扱いをしませんでした。それが気に入らなかった柿谷は、荒木の店をこき下ろしたのです。

 

 

そんな因縁の相手に、光子もハメられ職場を追放されたと聞いて、荒木の柿谷への怒りはまた膨らみつつある様子。柿谷、初回だけかと思ってたけど、意外とキーマンかな?

 

感想まとめ

給食がうまくいき始めて、また屋台開店という新たな挑戦をしてしまう光子の原動力、見ていて元気がもらえますよね!あっとゆうまに屋台を軌道に乗せちゃうところもすごいし、そうかと思えばすぐに屋台を閉めなければならなくなっちゃうところもまた展開が忙しくて面白い。

 

次週はまた給食のほうで問題が起こる様子。また光子のひらめきの料理に注目です!

 

 

 

次週、『Chef~三ツ星の給食~』第5話のあらすじと予告動画

続きが気になる、次週「Chef~三ツ星の給食~」第5話のあらすじと予告動画はこちらのページでご紹介中です。
見逃したり、もう一度見たい方はこちらのページを要チェック!

⇒次週、『Chef~三ツ星の給食~』第5話のあらすじと予告動画を見る

ドラマ『Chef~三ツ星の給食~』第4話の視聴率速報

天海祐希ドラマシェフ4話の視聴率は、

4.9%

でした!

 

いきなり5%を下回って4話にして既に打ち切りの危機で、これはかなりヤバイ状況ですね…。フジテレビちょっとあかんなぁ…。

天海祐希ドラマシェフが低視聴率なのはフジドラマ評価ガタ落ちのせい!?

 

ドラマ『Chef~三ツ星の給食~』の見逃し配信動画(無料)を見る方法

ドラマシェフは、フジテレビでON AIRなので、フジテレビオンデマンドで見逃し配信動画をドラマ放送後1週間は無料で見ることができます♪また、初めての方は初月は無料でお試しができますので、フジテレビの月9「好きな人がいること」や「営業部長吉良奈津子」など最終回を見逃してしまった人も無料で見ることができますよ♪

登録はコチラから
まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

 

こちらもオススメ記事

秋ドラマおすすめランキング!

Chef~三ツ星の給食~キャスト紹介!

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る