織田裕二TBSドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」1話あらすじと感想・ネタバレ

織田裕二主演ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」1話のあらすじと感想ネタバレをドラマを見逃してもわかるようにご紹介しています。1話完結推理ドラマですが、織田裕二の話し方が相棒の杉下右京にそっくりでひどい!って噂もあるようですが、私は結構面白かったですよ・・・!

 

話し方や演技力についてのひどい!って声が予想外に多いのですが、それについては、こちらの記事にまとめました。

織田裕二ドラマの話し方が似てるのは野村萬斎?古畑?ポワロ?相棒の右京?

sponserd link

織田裕二TBS新ドラマ「IQ246」1話初回のあらすじをネタバレ含めて解説

風変わりな沙羅駆!タクシーの無賃乗車で、連行される

北鎌倉に法門寺家がありました。

その当主、沙羅駆(織田裕二)は、貴族の末裔で IQ 246を持つ天才。 毎日暇を持て余していました。

 

一方、警視庁の刑事は和藤奏子は、沙羅駆の護衛を命じられます。奏子は屋敷をたずね、自己紹介しますが、その人物は当主ではなく執事の賢正でした。
土屋太鳳さん私は清純派のイメージが強いのでコミカルな役は初めて見ました。コミカルな役も楽しくて、なかなかいいですね。
暇を持て余しタクシーで外出する沙羅駆は、偶然、他殺体を発見。遺体の状況から、被害者が美容形成外科医であることや、凶器がアイスピックであること、犯人 女性外科医であることなどをズバリ当てます。ですが、タクシーの無賃乗車で連行されます。しかし、すぐに警視総監の命令で釈放になるのです。
貴族でお金持ちなのに、無賃乗車?金持ちすぎてお金の使い方がわからなかったの? と、ちょっとびっくりしました。

沙羅駆は、連行した刑事の趣味や、性格、初対面の奏子の生い立ちや、人となり、心情まで、 ピタリと言い当てます。
う~ん。さすが沙羅駆は、規格外の天才ですね。
一方、監察医の森本朋美は、優秀だが少し変わった人物でした。朋美は、被害者や、犯人について、自分と同じ見立てをする沙羅駆に、興味津々です。
奏子の本当の任務は洒落が余計なことをしないように見張るることでした。法門寺家は、代々、犯罪の研究に力を注いできたのです。

 

桜庭家の寿司職人が失踪 殺人か?

そんなある日、桜庭家の奥様が、住み込みで働いていた寿司職人宮島がいなくなったので探して欲しいとやってくる。
伊藤かずえさん、久しぶりにテレビで見ましたがお金持ちの奥様の役で、しかもちょっとコミカルな役なんて!とても新鮮な感じがしました。
仕方なく聞き込みを始める沙羅駆でしたが、宮島が愛用していた包丁と砥石を見て、目を輝かせます。沙羅駆によると、宮島は背後から襲われ、誰かに殺されたというのです。
そして沙羅駆は、桜庭家に出入りする人間達が、皆金に困っていること、人となりなどをズバリ言い当てます。

sponsored link

早乙女の部下が殺される!沙羅駆は、犯人は見抜けるか?

そんなある日、CM プランナーの早乙女は部下の鈴木なつみの首を絞めて殺してしまいます。

そして、強盗の仕業だと偽装します。

桜庭家の食食事会に出席した沙羅駆は、早乙女と出会います。

織田裕二さんと石黒賢さんは、ドラマ「振り返れば奴がいる」で共演して以来、とても仲が良いみたいです。第1話のゲストに、石黒さんを指名したのは、織田さんではないかと思いました。
会社に強盗が入り柄が殺されたと携帯に連絡が入り急いで席を立つ早乙女。 桜庭家の食事会を、自らのアリバイ工作に利用します。

 

刑事たちは単純な強盗の犯行と決めつけますが、沙羅駆は、異議を唱えます。

 

沙羅駆と初めて会った朋美は、沙羅駆に意見を聞きます。朋美は、自分の見立てと一致した沙羅駆の推理に感動するのでした。
犯人の見立てをするシーンで、指を立てただけで、その日の気温が分かるなんて、やっぱり沙羅駆は、人並外れた天才と言えます。
早乙女が怪しいと睨んだ沙羅駆は早乙女に事情を聞くことにします。ロッカーから指紋が出なかったこと、犯人の逃走ルート、携帯を触っていたことなど、不審な点を早乙女にぶつけます。
織田さんと石黒さん、仲がいいだけあって、息ぴったりです。
写真に写っていたワインから、早乙女のいるレストランを当て、早乙女と一緒に食事をします。

沙羅駆は、早乙女には共犯者がいて、アリバイ工作をしたことを、言い当てますが、誰が共犯者かということは、まだ疑問のままでした。

それを調べるため、沙羅駆は朋美のもとを訪れます。

 

そこで、犯人の足下に、パルメザンリリーの花粉がついていたことから、共犯者は花屋の草野菊江だと確信します。
ですが、沙羅駆の推理には、確実な証拠はまだ見つかっていませんでした。
ここで倉庫の振り返っても奴はいない発言が出ます。織田さんと石黒さんが共演したドラマ 「振り返れば奴がいる」 のパロディ。所々にコメディ要素が散りばめられていて、 面白いです。

sponsored link

沙羅駆、鮮やかな推理で早乙女を追い詰める!

CM制作発表のイベントの最中、早乙女は席を立ち、共犯者の菊江を殺そうとします。
ですが、それを沙羅駆は、見越していました。その様子をカメラで撮影していたのです。
沙羅駆は奏子をおとりにし、ついに早乙女の犯行の確実な証拠を掴みました。早乙女が鈴木なつみを殺したと証言する菊江。
沙羅駆は、CM プランを殺された鈴木なつみが作っていたことも言い当ててしまいます。
CM のセリフの頭の文字をつなげると、「鈴木なつみ」になっていました。
取り乱す早乙女に、沙羅駆は「あ~醜い。この犯罪醜悪至極なり」と言います。
そして、逃げる早乙女を賢正が、しとめます。
鈴木を殺そうとした時ある人物からメールが来たという早乙女。
どうやらこの犯罪の詳細をメールで非難した人物がいるようです。その人物とは数字で13。13にはアルファベットの13番目の文字という意味があるようでした。
奏子をおとりに使うなんて、やっぱり沙羅駆は変わり者 沙羅駆に振り回される倉庫なんかちょっと可哀想だと感じました。それにしてもりんさんのアクションかっこよかったです。

 

 

感想まとめ

このドラマはシャーロックホームズとワトソンをモデルにした作品なのだとか。 個人的には小田さんの演技が古畑任三郎のような印象を受けました。

所々にコミカルなシーンが散りばめられており、上質なミステリーになっています第2話にも期待したいです。

 

sponsored link

ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』の見逃し配信動画情報

織田裕二主演のIQ246ですが、見逃し配信動画は、U-NEXTで配信されています!衝撃的な登場の初回など、もう一度見たい!って方はU-NEXTに登録すれば、今すぐPCスマフォでみることができますよ。是非チェックしてね!

31日間無料トライアル実施中

U-NEXT

※クレジットカード情報の登録が必要です。

続く、

IQ246 2話のネタバレ感想はコチラ!!

IQ246 3話のネタバレ感想はコチラ!!(10月30日放送)

織田裕二より、密かなファン急上昇中の執事役!ディーンフジオカさんが気になる方は、こちらにまとめましたよww

カッコいいよね~!!

ディーンフジオカドラマ『IQ246』執事がかっこいい!メガネのブランドは?

うふふふ。そういえば、織田裕二さんって奥さんも美人!子供も気になりますよね~。

こっこり情報はコチラ

織田裕二の嫁と子供の画像が流出!?

IQ246、段々はまってきましたよ!!!


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • ふむふむ
    • 2016年 10月 26日

    個人的にフジてまやった、オリエント急行殺人事件の三谷版の野村萬斎とかぶりました

      • サニステ@管理人
      • 2016年 10月 26日

      ふむふむさん、
      コメントありあとうございます!そうなんですよねー。織田裕二さんの話し方が野村萬斎さんに似てる!ともTwitterなどでも話題になっています。
      こちらの記事でもそういう話題をまとめさせていただきましたので、よければ、遊びに来てください^^

      http://sunnystation.info/archives/12060

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る