ドラマ主題歌イエモン『砂の塔』PV解禁!発売日・初回限定予約・歌詞の意味は?

2016年10月14日金曜夜10時にスタートした菅野美穂さん主演のTBSドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』の主題歌が、イエモンに決定しました!!注目のイエモンの新曲「砂の塔」のPVがYouTubeで解禁され、イエモンの最新PVとその歌詞が話題となっています。気になる初回限定盤はどうしたら予約できるのか?イエモンが歌う、ドラマ『砂の塔』の主題歌最新PVのYoutube動画と初回限定盤予約方法の情報に注目しました。そしてイエモン新曲「砂の塔」の歌詞には一体どんな思いが込められているのでしょうか?

 

関連記事:知ってはいけない!?菅野美穂主演ドラマ「砂の塔」最終回ネタバレと原作



3/21放送!カルテット最終回スペシャル!
カルテット1話~最終回までイッキに動画を無料で見る方法はコチラ

カルテット最終回の見どころや視聴者の感想はコチラ




sponserd link

ドラマ主題歌イエモン『砂の塔』PVのYouTube動画はコレ!

 

菅野美穂さん4年ぶりの連続ドラマ主演となるTBSドラマ『砂の塔』は、高級タワーマンションを舞台にマンション住民の複雑な人間関係が描かれる一方で、タワーマンションの近隣で幼児連続誘拐事件が発生するというサスペンスドラマ。

 

主役の菅野美穂さん、不気味な隣人役に松嶋菜々子さん、また三代目J Soule Brothersの岩田剛典さんがキャスティングされ話題をよんでいます。

ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』の主題歌は、岩田剛典さんが出演するということで三代目J Soule BrothersもしくはEXILEが担当するのでは!?と憶測を呼んでいましたが、今回のドラマ『砂の塔』の主題歌は、2016年1月8日に15年ぶりの集結を発表したTHE YELLOW MONKEYに決定しました!!。

 

THE YELLOW MONKEYことイエモンが歌う主題歌のタイトルはドラマと同じ「砂の塔」。

 

イエモンは2001年1月に活動停止し、2004年7月に解散しました。今年2016年1月に再結成し、全国ツアーを行っています。ドラマ主題歌の書下ろしは、1997年放送のTBSドラマ『職員室』の主題歌「BURN」以来で注目を集めているようです。

 

話題のPVは、キャバレーを舞台に「絶望の赤いリボン」を結ばれた主人公の女性が絶望を断ち切り新しい希望を見つけ出すストーリーが、バンドの演奏シーンを織り交ぜながら描かれます。

 

このPVは、ドラマ『砂の塔』放送スタート前日の10月13日からYouTubeで公開され、14日には音源配信がスタートしています。

 

 

ドラマ主題歌イエモン『砂の塔』発売日

 

ドラマ題歌「砂の塔」の発売日は、2016年10月19日(水)です。

 

sponsored link

ドラマ主題歌イエモン『砂の塔』初回限定特典と予約方法

 

ドラマ主題歌「砂の塔」は、初回盤と通常盤がリリースされます。

 

初回盤には今年行った全国ツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR2 016」の各会場から一曲ずつ合計12曲が収録されています。ライブ音源なのでツアーに行ってない人も、ライブの熱気を感じられるCDになっており、かなりの豪華特典となっているようです。

 

ネット及び各CDショップで予約が出来ますが、特典は先着となっているようなので、早めに予約したほうがよいかもしれません。

 

ドラマ主題歌イエモン『砂の塔』の歌詞に込められた意味は?

 

THE YELLOW MONKEYの吉井和哉さんは、イエモン再集結後初のシングル曲となるこの主題歌「砂の塔」を「現時点での集大成」だと語っています。

 

また、「タワーマンションを舞台に繰り広げられる、現代社会の裏側とミステリーを掛け合わせたドラマですが、これはそのまま人間の人生や、バンドの人生に当てはまると思い、その側面も添えながら歌詞を書かせてもらった」とコメントしています。

 

PVから聞き取れる歌詞のサビの部分は、まさにドラマ『砂の塔』のストーリーそのもののように思われます。

 

ドラマの世界観とイエモンの主題歌がうまく重なり、今後のTBSドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』の展開を盛り上げてくれるのではないでしょうか。

 

ドラマのキーパーソン、菅野美穂さんの娘役の子役ちゃん気になる方はこちらをチェック!

↓↓

砂の塔・子役がかわいいと評判!娘そら役 稲垣来泉ちゃんの演技力は?

 

砂の塔でオススメの記事

 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る