え、本当!?月9『カインとアベル』の原作は韓国ドラマのリメイク?

人気アイドルグループHey!Say!JUMPの山田涼介さんが主演する月9ドラマ『カインとアベル』が10月17日(月)よりスタートします。

 

今回の月9『カインとアベル』の原作は、韓国ドラマのリメイクだと噂されています。月9『カインとアベル』韓国ドラマリメイクの真相と、韓国ドラマ版『カインとアベル』に注目してみました。



3/21放送!カルテット最終回スペシャル!
カルテット1話~最終回までイッキに動画を無料で見る方法はコチラ

カルテット最終回の見どころや視聴者の感想はコチラ




sponserd link

山田涼介主演月9ドラマ『カインとアベル』ってどんなドラマ?

10月17日(月)スタートのフジテレビ月9『カインとアベル』は、Hey!Say!JUMPの山田涼介さんが初出演し、桐谷健太さん、倉科カナさん、高嶋政伸さんなど豪華俳優陣がキャスティングされ話題を呼んでいます。

 

山田涼介さん演じる主人公高田優は幼少期から成績優秀な兄に対し劣等感を抱き、その優秀な兄ばかりかわいがる父親にどうにかして認めてもらいたい、自分にも愛情を注いでもらいたいと切望しながら育ちました。

 

そんなある日、運命的な出会いをした一人の女性に恋愛感情を抱くようになります。しかし、その女性は皮肉にも兄の恋人だったのです!

 

彼女への気持ちを簡単にはあきらめることが出来ず、兄との三角関係、父親への感情など複雑な思いのなか、一人の男として成長していく姿が描かれるようです。

 

親から愛されていないという苦悩を抱き、兄に対する嫉妬心に苦しむ弟を、月9初主演の山田涼介さんがどう演じるか楽しみです。

 

月9『カインとアベル』のタイトルは、旧約聖書の「創世記」の第4章に登場する兄弟の名前です。

 

旧約聖書に登場する兄弟は兄が弟に嫉妬し、最終的には殺してしまいます。

 

この二人の兄弟「カインとアベル」をモチーフにした作品は、伝説のハリウッドスター、ジェームズ・ディーンの不朽の名作『エデンの東』以外にも数多くあるようです。

 

月9『カインとアベル』の原作は韓国ドラマのリメイク?

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-71/mmmyk5/folder/1197066/02/33366202/img_0

出典:http://blogs.c.yimg.jp/res

月9『カインとアベル』と同名のテレビドラマが韓国でも放送され、月9『カインとアベル』は韓国ドラマのリメイクなのでは?と憶測を呼んでいます。

 

噂の韓国版『カインとアベル』は、2009年2月から4月まで大韓民国SBSで放送されていました。

 

大病院を舞台に、血のつながらない兄弟の運命と愛を描いたストーリー。このドラマもやはり旧約聖書の二人の兄弟「カインとアベル」をモチーフにしているようです。

 

人間の尊厳を見出そうとする天才的外科医の弟と、父親の愛と医師としての才能、そして恋人までを弟に奪われたと誤解し嫉妬する兄。兄弟の運命的な確執と激しい葛藤を描いています。

 

主役である弟の天才的医師を、韓国の人気俳優ソ・ジソブさんが務めています。

兄役は、韓国ドラマ『天国の階段』に出演していたシン・ヒョンジュンさんです。鍛え上げられた肉体が魅力のソ・ジソブさんは女性に大変人気があり、退役後に出演した本作も韓国では大ヒットしたようです。

 

韓国版『カインとアベル』は日本でもWOWOWなどで放送されていたので、山田涼介主演の月9『カインとアベル』も韓国ドラマのリメイク?と思われたのかもしれません。

 

 

sponsored link

まとめ

フジテレビのドラマは、「HERO』、『GTO』や『家族ゲーム』など続編やリメイク作品が多かったのですが、今回の月9『カインとアベル』は、旧約聖書に登場する兄弟をモチーフにしているものの、物語自体は現代風にアレンジされたオリジナルストーリーのようです。

 

韓国版ドラマやジェームス・ディーンの映画のストーリーも確認しておくと、今回の月9『カインとアベル』の面白さも倍増するかもしれません。

 

今回の月9『カインとアベル』では、「父親の愛を渇望する弟」「兄弟の確執」「禁断の愛」という、難しい役柄を演じる山田涼介さんですが、これまでとは違った一面を見せてくれるのではないでしょうか!

 

ドラマ開始が楽しみですね!

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る