能年玲奈が芸能界を干された理由は?本当に「生ゴミ先生」による洗脳なのか??真相と2016彼女の現在に迫る!!

NounenRena3

NounenRena42013年のNHK朝ドラ『あまちゃん』で大ブレイクした女優能年玲奈さん。「じぇじぇじぇー」というフレーズは誰もが耳にしたことがありますよね。

そんな能年玲奈さんですが、あまちゃんの大ヒット後CMや映画でも活躍されていたのに、最近はあまり姿をみかけません。

そんな彼女が”生ゴミ先生”なる人物に洗脳されて事務所を解雇され、芸能界を干された!?との噂があるので、真相を調べてみました。

 

スポンサーリンク

芸能界で干されてるの? 最近のお仕事情況を比較!

NounenRena7

2013年の『あまちゃん』終了後は、テレビではバラエティにも多く出演し、今後の活躍が多いに期待されていました。でも、最近全くテレビで見かけません。

 

 

まずは、2014年と2015年の彼女の仕事の状況を比較してみました。

<2014年>

映画:
ドラマ:1本(単発)
CM:
TV出演:30

<2015年>
映画:
ドラマ:
CM:本(新規契約なし)
TV出演:
ラジオ:1本→

すごい減ってますやん!∑(’□’)

 

2015年の唯一のTV出演は、「第38回アカデミー賞授与式」に出席しただけで彼女のコメントは一切なかったそうですよ。また、2015年10月1日には、唯一のレギュラー番組 ラジオのTOKYO FM 『SCHOOL OF LOCK!』内コーナーも卒業とのこと・・・。これにはリスナーからも「卒業というよりは降板では?」との声も多くあり、前向きな卒業ではなさそうです。

数字にしてみるとすごい顕著に
「芸能界を干されている」といってもいいのではないでしょうか。

彼女自身が望んで役を選ぶために仕事を選んだり、断ったりしているのか?っとも推測されますが、

本人はラジオやブログで

NounenRena8

 

「仕事がしたい」

 

「演技がしたい、演技がしたい、演技がしたーい!!」

 

 

と言っており、望んでいるのに仕事が得られない現状にもどかしさを感じているようです。

 

 

 

何故、このような窮地に?干された理由に迫る!

干された理由を調べていくと、色々と面白いことがわかってきましたので、
以下、3点にポイントをまとめてみました。

 

1.所属事務所・レプロエンタテインメントとの対立

能年玲奈(本人)と所属事務所レプロエンタテインメントとは、根本的に待遇面や仕事についての対立が根本にあったようです。

能年(本人)側は、月給わずか5万円、『あまちゃん』後に仕事を干され、彼女が出演を望んでいた『進撃の巨人』の出演を事務所に断られたり、H社長のパワハラ発言がったとの主張をしています。
一方、所属事務所レプロ側は、給与も月給5万から20万円にアップされていたことや、キス・制服NGで役を選り好みして断ったり、自由奔放な態度で事務所の指示に従わないなど、能年のワガママさを主張しています。

双方の対立を決定づけたのが、
2015年1月に所属事務所のレプロに無断で
能年玲奈が心酔する演出トレーナーの滝沢充子氏とともに
個人事務所を立ち上げたことです。

これには流石に、レプロワンマン経営者であるH社長が激怒し、ツイッターで不快感を示し、演出トレーナー滝沢氏による「洗脳」であると示唆。

そこで、「能年洗脳騒動 無断で個人事務所を設立」NounenRena6

というような記事がすっぱ抜かれ、洗脳騒動が起こりました。(写真は東スポ)

 

これって、実は所属事務所レプロによる能年のネガディブキャンペーンだったわけです。

 

2.週刊誌による「スクープ争いのネタ」にされてイメージダウン

その後は、もう能年玲奈(本人)側と、所属事務所・レプロエンタテインメント側との泥沼の争い、ネガティブキャンペーンの応酬です。

「週刊ポスト」「女性セブン」「東京スポーツ」「女性自身」「週刊文春」「週刊新潮」と名だたる週刊誌がこの洗脳騒動を取り上げていき、それぞれの内部関係者でしかわからないような情報をリークして、主張していきます。
(もっと詳しく知りたい方は、コチラのニュース記事をご覧下さい)

ネガキャンでの双方の叩きあいなんて誰にもいいことがないのにね。

週刊誌ネタにされることにより、

能年玲奈さんの世間のイメージは大きく下がってしまいました。

NounenRena10 ガビーンと変顔してもらいました。

 

3.本当の裏の事情

でも、本当に洗脳されていないのでしょうか?
演出トレーナーの滝沢充子氏とはどんな人なのでしょうか?

まずは写真はコチラです。

Takizawa

滝沢充子氏は演出家やハリウッド映画のプロデューサーを勤めた実力の持ち主で、能年玲奈さんが中学卒業後に上京した際に、演技指導を担当された先生です。

 

能年さんはこの先生から
「あんたは演技をしないと生ごみ同然ね。」
と言われたことがあり、女優の道を進むきっかけになったそうです。

また、このことがきっかけで滝沢氏をあだ名「生ゴミ先生」と能年さんは呼んでいるそうです。さすがの不思議ちゃんですね!

能年さんはその後も滝沢氏の演技指導を受け続け、現在に至っていますから、言わば、女優能年玲奈としての育ての親というところでしょうか。

さらにはプライベートでも仲がとてもよく、手つなぎデートで出かけたり、某バラエティー番組で「52歳のお友達がいます」と公言するなど、親交はとても深いようです。

こんな写真も撮られていたりします。

Takizawa2

 

でも、洗脳されているというよりは、変わり者どおし気が合う年の離れたお友達という感じではないでしょうか?

「洗脳」という言葉は、元々、所属事務所・レプロエンタテインメント社長がツイッターで「善人のふりをして他人に近づき洗脳する悪党がどこの世にも存在する」とつぶやいたことからはじまっています。

実際のところは、元オセロの黒い方のような本当の洗脳事件ではなさそうです。

でも、いくら洗脳、、、ではないにしろ、演出トレーナーの滝沢氏のアドバイスで個人事務所を立てるにしたって、独立して仕事を続けていくのには、少し心もとない気がしますよね。
芸能界なんて、大手事務所のバックアップなしには、なかなか仕事も得られないし、生き残っていくのは厳しそうです。


本当に個人事務所を立てて独立するつもりだったのでしょうか?

sponsored link

実は一説によると、

芸能大手事務所「バーニングプロダクション」能年さんを引き抜こうとしていたという話もあるのです。能年さん引き抜き画策の一手として、個人事務所を設立したとか。

それが、所属事務所・レプロエンタテインメントにばれて、マスコミにバッシング情報を流しているのだとか…!

こうした事務所感の争いに巻き込まれて、2016年現在、能年玲奈さんが芸能界を干されているという状況が浮かび上がってきているのかもしれません。

NounenRena4

これが本当のところの裏の事情・・・かもしれませんね。

そして、能年玲奈さんと現在の所属事務所・レプロエンタテインメントの契約は2016年6月までだそうです。
この契約期間が終われば、事務所移籍!などのビックニュースで、能年玲奈さんが芸能界に復帰するかもしれませんね。

 

今後の動向にも大注目です!

 

 

また最新の近況は彼女の公式ブログで楽しい写真と供に見ることができますよ。今でもとっても可愛いです。

 

 

 

この記事はここで終わりです。
長い記事をお読み頂きましてありがとうございました。
もしお時間ございましたら、他の記事にも遊びに行ってみて下さい。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • 信ぴょう性が…
    • 2016年 7月 14日

    元オセロの黒い方も完全なガセですよ
    ダウンタウンなう、観なさい

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る