織田裕二主演ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿』のキャストとあらすじ

10月16日夜9時放送スタートの日曜ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』について紹介しています!ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』の気になるキャスト、放送日、ネタバレなどを書いていきます!

 

IQ246をもつ天才・法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)(織田裕二)が、難事件を膨大な知識と鮮やかな推理で解決する、オトナのための本格ミステリーです。1話完結型で沙羅駆が難事件の謎を解いて行きますが、毎回豪華なゲストが登場!

 

第1話では、メインゲストの石黒賢がやり手CMクリエイティブディレクター・早乙女伸を演じます。

 

懐かしのドラマ「振り向けば奴がいる」でもライバル関係だった、織田裕二と石黒賢の火花を散らすような頭脳戦が期待できますね!こちらでは2016年10月11日スタートのドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』の出演者、あらすじネタバレなどの情報をまとめています。

sponserd link

ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』基本情報

・TV局   TBS

・開始日  2016年10月16日(初回20分拡大)

・出演者  織田裕二、中谷美紀、ディーン・フジオカ、寺島進、篠井英介、土屋太鳳、宮尾俊太郎、真飛 聖、新川優愛ほか

・脚本   泉澤陽子(「家族狩り」「オトナ女子」、栗本志津香、原 涼子

・プロデューサー 植田博樹(「SPEC」「家族狩り」「家族狩り」「神の舌を持つ男」)

・演出   木村☻ひさし(「金田一少年の事件簿」「99.9 -刑事専門弁護士」)、坪井敏雄、

韓 哲(「ママとパパが生きる理由。」「アルジャーノンに花束を」「家族ノカタチ」)

 

ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』はU-NEXTで見逃し動画配信中!

U-NEXTは日本最大級のビデオオンデマンドサービスです。IQ246も配信していますので、見逃してしまった方は是非チェックしてみてください。

31日間無料トライアル実施中

U-NEXT

※クレジットカード情報の登録が必要です。

 

ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』出演者(キャスト)

iq2461

主人公・法門寺 沙羅駆(ほうもんじ しゃらく)・・・・・・織田裕二

やんごとなき貴族の末裔で、嫡子は代々246という高いIQが遺伝するという特別な家系に生まれた男。

生活に困ることなくひたすら学問・知識を追求してきた法門寺家の当主。

やけに自信満々な役が織田裕二には合いますね!頭がいいだけにちょっと抜けているとか、面白いクセがあるとか、ちょっとした欠点があると、よりドラマのキャラクターとして引き立ちますが、どんな役なのかとても気になります!

iq2464

和藤 奏子・・・・・土屋太鳳

沙羅駆を警護するために警視庁から派遣された猪突猛進型の刑事。

凛とした役が似合う土屋太鳳にぴったりの刑事役、沙羅駆と一緒に謎を解き明かして行くパートナーといった役どころです。

iq2463

89代目 賢正(けんせい)・・・・・ディーン・フジオカ

法門寺家に代々仕える当代の執事。

「ディーン・フジオカが執事」と聞いただけで、なにか期待が高まってしまうのは筆者だけではないハズ!

クールに沙羅駆をサポートして行くような執事をイメージして、ニヤニヤして放送を待っています。

iq2462

森本 朋美・・・・・中谷美紀

沙羅駆の推理能力に魅了される、風変わりな法医学専門医・監察医。

中谷美紀の風貌が…「神の舌を持つ男」の向井理チックな変わりぶりですよね!!

回が進んで行く内に、どこかで美女になって現れて驚かしてくれたりするのでしょうか?!

iq2465

88代目 賢丈(けんじょう)・・・・・寺尾進

賢正の父親であり沙羅駆の育ての親。

 

iq2466

棚田 文六・・・・・篠井英介

沙羅駆が警察の捜査に首をつっこまないよう奏子に監視させる警視総監。

sponsored link

 

ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』の見どころ

ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』は、主演の織田裕二が法門寺沙羅駆というIQ246をもつ貴族の末裔を演じます。

北鎌倉の名家・法門寺家はやんごとなき人物の末裔で、時の権力者からその存在を隠されて来ました。

法門寺家はありとあらゆる学問を研究、中でも犯罪研究に力を入れてきた学究派の家系でした。

 

 

さらに長男にはIQ246の頭脳が代々遺伝するのです。そんな法門寺家の89代目当主・沙羅駆(織田裕二)も例に漏れずIQ246の天才。

凡人が治める今の世は刺激が少なすぎると、常に暇を持て余しています。

 

口ぐせは「あー、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する謎はないものか」

警視庁の刑事・和藤奏子(土屋太鳳)は突然捜査一課に配属されます。彼女の任務は凶悪事件の捜査ではなく法門寺家当主の護衛。

東京の治安を守る警視庁の刑事なのに、なぜか北鎌倉、配属された者は皆一ヶ月以内に辞職するらしい…と謎に満ちた辞令でした。

奏子は法門寺家を訪れ、出迎えた男性に着任のあいさつをしますが、その男は沙羅駆ではなく代々法門寺家に使える執事の89代目・賢正(ディーン・フジオカ)でした。

写真暇に耐えかねてタクシーでこっそり家を抜け出した沙羅駆は事件現場に偶然出くわします。女性の他殺体を一目見た沙羅駆は被害者の人物像や犯行の手口などを鮮やかに言い当てますが、無銭乗車の罪で連行…。

沙羅駆逮捕の報を聞いた賢正は奏子と共に警視庁を訪れます。超法規的措置で釈放された沙羅駆は、初対面の奏子の生活レベルや心情などをズバリ言い当てます

その頃、変わり者の法医学専門医 監察医・森本朋美(中谷美紀)は運び込まれた遺体を検分し加害者をある程度絞り込みます。朋美は沙羅駆がそれと全く同じ見立てをしたと刑事から聞き、まだ見ぬ沙羅駆に心躍らせます。

邸宅に戻った沙羅駆のもとに大金持ち・桜庭彬子(伊藤かずえ)が、住み込みで働いていた寿司職人・宮島がいなくなったので探して欲しいとやって来ます。
調査を始めた沙羅駆は桜庭家のディナーに同席することになり、そこで主賓のCMプランナー早乙女伸(石黒賢)と知り合います。

和気藹々と宴が続く中、早乙女の携帯電話が鳴り、会社に強盗が入り部下が殺されたという知らせが。失意の早乙女は会社に戻ると出て行き、沙羅駆はなぜかその後を追いかけます。お金を持たずにタクシーに乗ってしまう辺りに、世間知らずのお坊ちゃまキャラなのかな?というところが見えますね。

見た目やちょっとした言葉から人物像を言い当てる、プロファイリング能力もかなり高い様子。

どんな謎解きをしてくれるのか、毎週お見逃しなく!!


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る