【初回1話】校閲部分が軽すぎる?石原さとみドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』視聴率速報とネタバレ感想評価/見逃し配信動画(無料)/

石原さとみ主演ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』の第1話初回は10月5日(水)夜10時放送で初回10分拡大です。

ここでは、ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』第1話初回の視聴率速報と、ネタバレ感想や視聴者の評判や評価、あらすじや予告動画、見逃し配信を見る方法などをご紹介していきます。特に感想は見逃した方にでもわかるようにネタバレ内 容を含みますので、ドラマを純粋に楽しみたい方は要注意!

 

関連記事:ジミスゴの石原さとみちゃんの派手系衣装情報はこちらで公開中!

 

宮木あや子の小説「校閲ガール」シリーズをドラマ化した『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』。主演は石原さとみさん!パワフルなスーパーポジティブな女性の役に挑戦します!ファッション編集者を目指しているという設定で毎回オシャレな”ド派手衣装”で登場するということで、今から石原さとみさんの衣装に注目している方も多いのではないでしょうか?

 

”校閲”というあまり知られていない仕事ですが、石原さとみさんが真っ向から仕事に取り組む姿にどんな仕事でも一生懸命向き合えば面白い!ということがきっと伝わってくることでしょう!疲れの溜まった週の真ん中に、仕事へのエールと元気をもらえるドラマです!

 



3/21放送!カルテット最終回スペシャル!
カルテット1話~最終回までイッキに動画を無料で見る方法はコチラ

カルテット最終回の見どころや視聴者の感想はコチラ




sponserd link

ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』第1話初回のあらすじ

jimi1   オシャレ大好き河野悦子(石原さとみ)はファッション誌の編集者を夢見て、今年も出版社・景凡社の中途採用試験の面接に臨み、ファッション誌の魅力と編集部で働く熱意を訴えた。

jimi1-2
その夜、景凡社の人事担当から採用の連絡が来て、悦子は大喜び。しかし、悦子が配属されたのは念願のファッション編集部ではなく、原稿の誤字脱字や内容の間違い、矛盾がないかを確認する超地味な「校閲部」だった。しかも憧れのファッション編集部には高校時代の後輩・森尾(本田翼)の姿が。

jimi1-3

入社早々、悦子は校閲部長の茸原(岸谷五朗)に猛抗議。そんな悦子に茸原は「仕事ぶりが認められれば、希望の部署に移れるかもしれない」と言う。その気になった悦子はファッション編集部への異動を目標に、校閲の仕事を頑張ろうと決意。さっそく、ミステリー小説の校閲を任される。

が、悦子の破天荒な校閲方法に担当編集者・貝塚(青木崇高)は大激怒。大御所作家の本郷大作(鹿賀丈史)から「この校閲をしたものを連れて来い」と呼び出しがかかっていると言う。悦子の初仕事一体どうなる?

jimi1-4

一方、森尾は上司から命じられたイケメンモデル探しをする中で、ちょっと変わった大学生・折原幸人(菅田将暉)を発掘。同じ頃、悦子もまた、偶然出会った幸人に一目惚れ!ド派手なファッションの校閲ガール・河野悦子が仕事に恋に大暴れする!?

http://www.ntv.co.jp/jimisugo/story/index.htmlより引用

 

 

ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』第1話初回の予告動画

 

sponsored link

ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』第1話初回ネタバレ感想

石原さとみのファッションに注目!

石原さとみさんのファッションが期待のドラマ「地味スゴ」、いよいよ始まりましたね~!オフィシャルページでのお知らせで、ファッションと髪型は全シーンで変えてるとのこと!注目ですね~!1話を見た感じだと、山Pとのドラマと同じ系統の“デキル女”系ファッションでしたね。個人的には、「失恋ショコラティエ」のめちゃめちゃ女の子らしいブリブリファッションが超絶かわいかったと思うのですが。今回は、かなり奇抜なファッション多発・・・。スカーフがトレードマークとなりそうですね!

 

 

髪型もおでこ丸出しのピシっとヘアでCAっぽかったりキメキメが多かったけど、部屋着のときの無造作ヘアのほうが可愛かったり・・・。石原さとみさんはアップヘアがすっごく似合うと思う!

 

 

番宣とかでバラエティに出てる石原さとみさんを見てると、今回の役に近いようなコンサバとか大人系ファッションしてるからご本人はそんな感じなのかもしれませんが、「ディアシスター」のときのカジュアル系はすごく若く見えて可愛かったですよね!でも、最近の石原さとみさんは女性視聴者受け狙った“アネゴ”キャライメージにシフトしてるのかな~って感じですよね。

 

 

校閲の仕事

まず、一番イメージしやすいのが、表記に関する間違いの修正。例えば「満天の星空」という表現。満天の「天」にはそもそも「空」という意味が入っているので、言葉の重複にあたり、正しくは「満天の星」。など・・・。

 

 

その次に、内容に対する矛盾を確認するための調べ物。ここが、このドラマで悦子(石原さとみ)が暴走してしまうところになります!

小説の中に、部屋の様子が描かれていていくつかの表現から間取り図を想定していくと、どうしても矛盾が出てくる・・・など。その家の模型を作って矛盾を検証したりという地道な作業までしてしまうというのは驚きです!ちなみにその作業をしていたのは、地味で根暗な校閲部員の和田正人さん!でも、仕事に対してかなり真摯に向き合っている感じがします・・・!

 

 

貝塚(青木崇高)と悦子(石原さとみ)のバトルシーンがみどころ!?

毎回の見どころとなりそうなのが、悦子の天敵となる貝塚(青木崇高)とのバトル!文芸編集部の売れっ子編集者で、本来自分でチェックしなきゃいけない原稿もノーチェックで校閲に回してくるオラオラ系。あ~、でも実際こうゆう人って会社にいますよね。派手めな能力認められているエースだから、地味な仕事はやらなくていいだろ、的な。

 

 

そんな貝塚に物怖じせずにバンバン物申す悦子。でも、新入社員なのに先輩に対してタメ語で「このタコ!」とか言っちゃうのってどうなの~??とちょっと主人公の人格に共感できずにハラハラして見ていました。「これだからゆとりは~」って言われてたけど、ゆとりって本当にそんな社会常識ない子ばっかなの??

 

 

青木崇高さんはまだ役柄のイメージ固まってないけど、いろんな役を自然体に演じていてすごくいい俳優さんですよね。今回の役も憎たらしいけどさっぱりとした裏表のない役で、好感度高そうです!

 

 

毎回、強気で破天荒な主人公が大物に気に入られるパターンの展開か?

悦子の初仕事となったのは、大御所作家の本郷大作(鹿賀丈史)の小説の校閲。精密に描かれた作品なのに、ただ一つだけ橋の名前が微妙に間違った架空の名前になっていることが気になって仕方のない悦子。実際に現場に出向いて調べていくうちに、何かヒントがあるかと本郷の妻と連絡を取ろうとした悦子ですが、なんと本郷はとっくに離婚しており家族の話は禁句だったのです!

 

 

「プライバシーを踏みにじられた!もうここでは書かない!」と激怒する本郷。貝塚に「俺もお前もクビだ」と脅されて、大変なことをしでかしてしまったと本郷に謝罪に出向く悦子。そこで本郷が橋の名前を架空にしていた本当の訳を知ります。20年前に離婚によって引き離された本郷の息子が、まだ舌足らずだったときに間違った呼び名で橋の名前を言っていた思い出があったのです。「息子にだけこっそり宛てたメッセージのつもりだった・・・」本郷は、この件をきっかけに20年ぶりに別れた奥さんと息子に会いに行ったようです。

 

 

それによって、「君には感謝しないといかんな」と、すっかり気に入られた悦子。なんか無理やりすぎる展開――!!もっと悦子ががんばって人の心を打つような思わぬ行動をして欲しかったかなー。今回の展開はたまたま感がありすぎて・・・。でも、もともと「ここではもう書かない!」は本郷の常套句であって、みんな何度も言われていることで誰もそこまで大事だとは思っていなかったってオチがあったので、まぁいきなり許してもらえた違和感が薄まったには薄まったんですけどね。それを知りながらわざと悦子を「クビかも」と脅した貝塚の茶目っ気のある意地悪はちょっぴりクスっとしましたね!

 

 

菅田将暉は超絶イケメン!?”恋愛ドラマ”展開にも期待?

折原幸人(菅田将暉)と道端でぶつかって一目惚れした悦子(石原さとみ)。「超絶イケメン!あんなイケメンにはもう出会えない!」と絶賛!菅田将暉くんってそんなイケメンかー?好みは人それぞれだが・・・。

 

 

ファッション編集者の森尾(本田翼)も、上からの命令でモデル探しをすることになり幸人に目をつけたところを見ると、イケメン設定なんでしょうけど。モデルの衣装に着替えた幸人見て、森尾が「はっ!」ってなってたし。

 

 

お金がなくてアパートを追い出されちゃう幸人を自分のアパートに住まわせて育てていくことにした森尾ですが、これから悦子との三角関係に発展しそうな匂いプンプンですね!

 

 

感想

とにかく、今回もまた石原さとみさんの可愛さに見とれるドラマ!って感じでしたね~。ストーリーとしては1話を見る限りちょっとチープな感じはしましたが・・・。とにかくファッションに力入れてます!!って感じなので、それだけでいいのかな~。でも、せっかくの”お仕事ドラマ”なので、ちゃんと校閲の仕事の面白さが伝わるような内容にしていってほしいですね!

 

ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』第1話初回の皆の評判

こちらでは、Twitterなどでの視聴者のみなさんの評判をご紹介します。

 

 

次週、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』第2話のあらすじと予告動画

続きが気になる、次週「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第2話のあらすじと予告動画はこちらのページでご紹介中です。
見逃したり、もう一度見たい方はこちらのページを要チェック!

⇒次週、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』第2話のあらすじと予告動画を見る

sponsored link

 

ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』第1話初回の視聴率速報

地味スゴ1話の視聴率は、なんと

初回視聴率は12.9%

 

前クールで夏ドラマ視聴率NO1だった北川景子の家売るオンナ1回の視聴率は、初回は12.4%だったので、それを上回る勢いでのスタートとなりました。特に女性のファッションが注目されているので、そこが高視聴率の秘訣かな?バラエティで笑いが豊富なのもポイントかも!

 

ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』第1話初回の見逃し配信と無料で動画を見る方法

ここでは、ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」を見逃してしまった!再放送ってあるの!?録画がとれていなかったー!!いや、もう一回みたいんだけど!という方のために見逃し配信の情報をご紹介していきます。

 

①日テレオンデマンドで放送後7日間は無料配信

まずは、ドラマ放送後から7日間は、実は日テレオンデマンドでドラマの見逃し配信を行っています。

こちらの日テレオンデマンドから見ることが可能です。クリックするだけで見られるので、実は見逃した方にはとっても便利です。

日テレオンデマンドでドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」見逃し配信動画(無料)を見る(別窓)

 

②一週間を過ぎたら動画配信サイトHuluで2週間無料キャンペーンを利用してみる

ドラマ放送後から7日間を過ぎてしまった場合は、動画配信サイトのHuluで「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の最新話を見ることができます。Huluは通常は月額933円の動画配信サービスですが、初回の入会に限り、2週間無料キャンペーンを行っています。ですので、どうしても見たいドラマがある場合はこの2週間無料キャンペーンを利用して、ドラマの見逃し配信を見ることがオススメです。2週間以内に解約すれば料金はかかりません。でも、結構登録してみるといろんなドラマや映画にTV番組が見られるので、すごい便利でお得です。

 

➾ Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

※登録の際にクレジットカード情報の入力欄がありますので、登録される方はご準備くださいね。

 

こちらもオススメ記事

 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る